ボクシングと格闘技に関する考察と観戦ブログ

最強チャンピオン井上尚弥にガチで勝つ方法を真剣に考えてみた。

井上尚弥より素早く動く

井上尚弥の強さはおそらく強靭な下半身による驚異的な踏み込みの速さとバランス感覚にある。要はそれを確実に上回る事ができれば、井上尚弥に勝てる可能性が見えてくるのだ。
徹底的に下半身と反射神経、動体視力を鍛えて、井上尚弥のスピードを完全に上回る。全てにおいて井上尚弥を上回るのは不可能だが、フットワークと反射神経、動体視力だけをひたすら鍛えれば、スピードだけ上回る事は可能なはず。
仮に井上尚弥の動きを完全に上回るスピードがあれば、アウトボクシングでかき回し、ヒット&アウェイでポイントを稼ぐ事は可能だろう。
(想定勝率50%以上)

ガードの上からなぎ倒す

仮に井上尚弥をガードの上からなぎ倒せるパンチ力があれば、勝機は十分ある。パンチ力を鍛えるには下半身強化が必須だが、とにかくガードの上からでいいので当て感はそれほど必要ない。重心を落として、前傾姿勢になり、膝や腰などあらゆる関節の回転を生かして、相手を壊すイメージで打つ。
とにかく井上尚弥をガードの上からなぎ倒すだけの破壊的なパンチ力があればいい。ガードした腕の骨を折る位の致命的なパンチ力があれば完璧。
しかし、当てる前に自分が貰ってしまっては元も子もないので、初回から全力で連打しても切れない驚異的なスタミナと井上尚弥を追い込むフットワークは必須だろう。
(想定勝率30〜40%)

AIの力を借りる

筋肉の動き、重心、体勢、構え、目線など井上尚弥の動きに関するあらゆるデータを分析し、AIに学習させ、スマートコンタクトを着用して井上尚弥の動きを先に読めれば勝機はある。
しかし、仮に動きを先読みして攻撃パターンが分かってもそれに対応できるだけのフットワークと反射神経、動体視力などはやはり必要になる。井上尚弥の動きに対応できるだけの基礎体力があるボクサーであれば、この次世代的な方法で勝機はあるはず。
(想定勝率20〜30%)

パンチを肘や額もしくは拳でブロックし、痛めさせる

この作戦はフィジカルはもちろん、反射神経や動体視力が井上尚弥より上である事が必要。実は20歳頃の井上尚弥の反射神経や動体視力は一般人並みというデータもあるらしく、それが事実だとすれば意外と可能性は高いのではと思われる。
ただし、失敗した場合の大ダメージは確実なので、かなりの度胸が試される作戦になる。フィジカルの高いカウンターパンチャーなら実践可能かも知れない。
仮に作戦が成功して拳を破壊したとしても、片手でも強い井上尚弥に確実に勝てるボクサーでなければならないのが最低条件か。
(想定勝率15〜20%)

超打たれ強いボクサーならもしくは…

ムエタイには信じられないほど打たれ強い選手がいる。そういった驚異のタフネスを持ったボクサーに徹底的なスタミナ強化と井上尚弥だけにターゲットを絞った相打ち狙いの戦法を叩き込み、全力でカウンターと打ち終わりを狙い続ければ、井上だってそこまで打たれ強くはないはずなので勝機はある。
フィリピン人の若手有望株でもある屈強なWBAバンタム級暫定王者レイマート・ガバリョでも井上尚弥とのスパーリングで倒されて泣いてた位だが、更にフィジカルが強そうなシーサケット・ソールン・ビサイなら少しは可能性はあるかもしれない。
(想定勝率10〜20%)

徹底的なジャブで目をふさぐ

井上尚弥よりリーチのあるボクサーなら長距離からジャブだけで目を腫らせて視野を狭くする、うまくいけばふさぐ事もできるかも知れない。片目でもふさぐかカットすれば視界の悪い方からフルスイングで倒す事は可能なはず。近い階級だとシーサケットやネリ、ドグボエ、TJドヘニー位の強打があれば十分可能。
ただ、井上さん踏み込みの鋭さが半端なく早いので、ゴロフキンvsジェイコブス戦でジェイコブスが取ったようなGGGを徹底的に中に入れさせない強打やカウンター技術も必要かも知れない。バンタム級に井上尚弥よりリーチがかなり長い選手で、かつアウトボクシングで強打のカウンターが打てる選手がいればの話だが。
(想定勝率5~10%)

ロマチェンコを完コピする

PFP1位のロマチェンコは父親に命じられてボクシングを封印してダンスの練習だけをひたすら行った事であの超人的な動きを習得したとされている。ならばロマチェンコになる為にひたすらダンスの練習をしてアマチュアボクシングで実績を積んで、井上尚弥よりPFPで上位のロマチェンコのようなボクサーになれば良いのだ。
ロマチェンコはアマチュアボクシング397戦396勝1敗だから勿論ダンスだけでなく、ボクシングでもかなりの実績を積む必要があるだろう。世界中の大会に出れば比較的短期間で経験も積めるが、彼のようなディフェンススキルが無ければダメージが蓄積してしまう懸念がある。
恐ろしくハードルは高いが、仮に少し小さいバンタム級のロマチェンコになれたとしても、この階級でずば抜けたパンチとスピードを持つ井上尚弥に勝てるかどうか…は非常に怪しい。
(想定勝率1~5%)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー