ボクシングと格闘技に関する考察と観戦ブログ

日本人だけのPFP(ボクシング全階級最強ランキング)を決めてみた

1位. 井上尚弥(いのうえなおや)

【身長165cm/リーチ171cm/WBAバンタム級チャンピオン(3階級制覇)】
リング誌のPFP6位に入っている日本人史上最強ボクサーで、名チャンピオン「オマール・ナルバエス」やジェイミー・マクドネル、ファン・カルロス・パヤノなどトップレベルのボクサーを軽々と仕留めるモンスターぶりを見せる。WBSS制覇後、ネリやテテとの対戦もあるが、すぐに転級してもSバンタム級には敵はいそうもないほどの無双ぶり。第2のパッキャオになるためにもSフェザー級までの6階級制覇が待ち遠しいところ。

2位. 田中恒成(たなかこうせい)

【身長164cm/リーチ162cm/WBOフライ級チャンピオン(3階級制覇)】
最速OPBF奪取(4戦目)、最速世界タイトル奪取(5戦目)、最速2階級制覇(8戦目)、最速3階級制覇(12戦目)の最速男。試合もスピードとテクニックで相手を翻弄し、支配する。スピード・テクニックだけでなく、頭の良さ・スタミナもあり、打ち合いもできる万能型ボクサー。アンヘル・アコスタのような軽量級屈指のハードパンチャーにもひるまないメンタルも持っているが、田口良一戦のようにグロッキーな相手を仕留めきれないという欠点もある。

4位. 京口紘人(きょうぐちひろと)

【身長161cm/リーチ165cm/WBAライトフライ級スーパーチャンピオン(2階級制覇)】
無敗の2階級制覇チャンピオン。辰吉丈一郎の弟子。軽量級屈指のパワーとテクニックを兼ね備えており、まだまだ伸び代も大きいので、フライ級までは楽々制覇できるだろう。

5位. 拳四朗(けんしろう)

【身長164cm/リーチ164cm/WBAライトフライ級チャンピオン】
本名:寺地拳四朗。小学生顔の無敗チャンピオン。華は無いが意外にパンチはある。既にライトフライ級で敵はいないと言っても過言ではなく、知名度を上げたいと言っているのにもかかわらず、何故か統一戦もせずライトフライ級に留まり続けている。

7位. 比嘉大吾(ひがだいご)

【身長161cm/リーチ163cm/世界ランク外】
デビュー15連続KOの日本記録保持者。2018年4月15日のWBCフライ級防衛戦でウェイトオーバーによる無期限謹慎処分を受けた後、2018年12月に現役続行を決めたとの報道があったが、その後の動向が気になるところ。

8位. 井上拓真(いのうえたくま)

【身長164cm/リーチ163cm/WBCバンタム級暫定チャンピオン】
尚弥の弟。世界最強の兄と世界一多くスパーリングをこなしてる事もあり、ディフェンス能力は非常に高いが、13勝(3KO)という戦績からも分かるようにパンチが無いのが残念。ネリに勝てば本物と言えるが…

9位. 亀田和毅(かめだともき)

【身長171cm/リーチ168cm/WBCスーパーバンタム級暫定チャンピオン】
亀田家の3男。一族最強とも言われるが、過去には井上尚弥に1Rで葬られたジェイミー・マクドネルに連敗した事も。ハンドスピードはあるが、パンチが軽く、試合を支配してるのに倒しきれない事もしばしば。

10位. 村田諒太(むらたりょうた)

【身長183cm/リーチ184cm/WBAミドル級3位】
ロブ・ブラントに完敗して全く話題にならなくなった残念な元金メダリスト。アマチュア時代の癖が抜けないのか、手数が少なく、亀のようなガードで突進するスタイルでは、ブラントと再戦しても返り討ちに遭うだけだろう。

11位. 井岡一翔(いおかかずと)

【身長166cm/リーチ168cm/WBOスーパーフライ級2位(3階級制覇)】
3階級制覇の元チャンピオン。Sフライ級で4階級制覇を狙っている。上手いボクサーだが、Sフライ級では明らかにパワー不足で華がない。 そもそもアストン・パリクテに勝っても真の4階級制覇と言えるのかどうか…

12位. 清水聡(しみずさとし)

【身長179cm/リーチ181cm/IBFフェザー級3位・OPBFフェザー級チャンピオン】
井上尚弥と同門の大橋ジム所属で179cmとフェザー級ではかなりの大柄な上、8戦全KO勝ち、オリンピック銅メダリストという経歴の持ち主。層の厚いフェザー級で世界チャンピオンに最も近い逸材。同団体のジョシュ・ワーリントンが標的だが、IBFは当日軽量があり清水の体格の利をフルに活かせない為、全勝でKO率8割のオスカル・バルデスか、ロマチェンコにしか負けた事のないゲイリー・ラッセルJr.か、フェザー級最強と言われるレオ・サンタクルスに標的を変えるのも手か。

13位. 井上浩樹(いのうえこうき)

【身長177cm/リーチ●cm/スーパーライト級日本チャンピオン】
井上ファミリーで最も才能があるとも言われている。177cmと長身で高いKO率を誇る。

14位. 井上岳志(いのうえたけし)

【身長173cm/リーチ●cm/WBOスーパーウェルター級9位】
173cmと小柄ながら、カネロの後継者と呼び声の高いSウェルター級屈指のチャンピオン「ハイメ・ムンギア」相手に判定まで持ち込んだ意外な強者。苗字は同じだが、井上ファミリーではない。

15位. 中谷正義(なかたにまさよし)

【身長182cm/リーチ182cm/IBFライト級3位・OPBFライト級チャンピオン】
かなりの上背があり、無敗のままOPBFの王座を11度も防衛し続けているが、なかなか世界挑戦のチャンスに恵まれない。

その他の日本人世界ランカー・有力選手

中谷潤人…WBC&WBOフライ級3位
尾川堅一…スーパーフェザー級4位(ドーピング違反で失格→2018年12月10日に謹慎処分解除)
藤本京太郎…WBOヘビー級10位・OPBFチャンピオン
田口良一…2019/03/16に再起戦&フライ級の転級初戦で田中恒成に挑戦し、ほぼフルマークの判定負けを喫した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー